FP3級を独学で合格するには「王道の勉強法」が有効

 

FP3級資格試験の勉強は「テキスト」と「問題集」が必須のアイテム。

一般的に「問題集」と「過去問」だけやっておけば合格すると言われてますが

私の場合、最初からFP2級の資格もゲットするつもりで「テキスト」と「問題集」をフルに駆使した勉強法でやりました。

 

その勉強法でFP2級はあまり時間をかけずりに合格することが出来ました。

 

FPのテキストは必ずひと通り目を通す

 

目を通すだけでいいのは、テキスト暗記が目的ではなくFP試験の全体像を確認するために読むのがポイントだからです。

テキストを読み進めていくと「これ範囲が広すぎて覚えられない!」という気持ちが先行するかもしれないですが

この時点では絶対に暗記からスタートしないことをおすすめします。

 

FPの試験範囲はかなり幅広いです。

金融機関や保険会社、不動産会社に勤める方でも、仕事と関係ない分野は初めて聞く言葉や表現だらけです。

特にFPとはあまり関係のない職種の方や学生さんなら、なおさらのこと。

 

 

ここでは「FP試験の出題のジャンルを知る」ぐらいの気持ちで、

じっくり読むのではなく、ざっくり眺めるつもりでOKです。

 

FPの問題集はすぐに始めること

 

テキストに一度さっと目を通したら、すぐに問題集にとりかかります。

「もう少し理解してからのほうが…」と考えがち。

でも問題集は間違えてナンボ。

ここで良い点を取ることが目的と勘違いしてはダメです。

 

 

まず得意なところから始めたい所だけど、問題をとばさずに最初のページから順番にとりかかりましょう。

苦手なことを後回しにするとかなりの確率で先々行き詰まります。

 

FPに限らず、スタート時点のモチベーションが一番高いので、

先に美味しいものを食べてしまうと後から嫌いなものが出てくると相当キツイです。

満腹感と苦手意識の二匹と同時に戦うことになります。

 

FP問題集の使い方は「バンバン間違えること」

 

クイズをやってるわけじゃないので、この段階では問題に正解することではなく、

間違えた問題から「理解してないことを探す」作業だと考えるべきです。

不正解だったらテキストに戻り、今の自分なりでの理解で良いので読み返していきます。

 

この時に大事なのが間違えたら、問題の横にテキストの何ページに書いてあったかを直接メモしておきましょう。

後でまたこの問題をやった時にも、すぐテキストの該当ページで確認できるので必須作業です。

当然、理解してないけれど「カン」で正解しても、そこは自分に厳しく不正解と同じ扱いにします。

 

 

もう一つ大事なのが「○☓の問題」です。

ポイントは、☓が正解の問題に出逢ったら「どこがどう違うのか」を考えること。

どうしても○☓ 問題はクイズのようにテンポよくやってしまいがちですが、

必ず「どこが、どう違うのか」をしっかりと確認しながら進めましょう。

 

 

ここからFP問題集をひたすら続ける

 

最初は少しキツイかもしれないですが、二周目からはあきらかにラクになってきます。

むしろ「自分がどれだけ成長したのか」を試してみたくなります。

 

一周目は「何も分からない状態」からのスタートですが、

二周目に入ってくると「自分が理解がしてない部分」が明確になります。

 

これがめっちゃ大事です。

初めてのことをやる時は、分からなくて当たり前。

 

この段階で「イケる」or「イケない」を決めてしまうと、

今後どんな試験でも息詰まることになります。

 

一回目で「苦手な部分」が見えてくるので、

二回目は「苦手な部分をつぶしていく」のが目的になります。

 

過去問でFP試験対策もいよいよゴール

 

二回目が終わると問題集の巻末の方に「総合問題」とか「過去問」とかが付いているので、

模擬試験としてチャレンジしてもいい頃です。

 

ここまでくると次に「模擬試験をする」か「問題集三回目」に突入するかの判断が自分で出来るようになっているので、直感で決めてOKです。

 

FP試験日に実力MAXの自分に持っていく

 

理解が進んで、模擬試験でも合格点が採れる頃になると一種の達成感を味わえますが、

達成感から燃え尽きた症候群がでてくる時期でもありますが、これも通過儀礼なので問題なし。

 

 

私の周りの人は「別の問題集」を買ってチャレンジする人もいましたが「いったん何もしないで休む」のも一つの手です。

ただし知識もモチベーションも「試験日当日がベスト」の状態で迎えられるように自分をコントロールしていきましょう。

元銀行マンNari(なり)です。専業主夫になったひきこもりのナイスミドルです。「四十にして惑わず」のはずが、家族持ちで今だに人生を模索中です。戦国時代や歴史の考察がメインのブログ発信をやってます。

LINE@配信はじめました!
LINE@に登録

記事が面白かったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です