「毛利隆元」はもっと評価されるべき名将!|毛利元就の長男なのに知名度が低いのはなぜ?

毛利隆元は毛利元就の「三本の矢」の一人で父・元就が自らの後継者に指名した毛利家の当主です。

生涯無敗の猛将であった次男・吉川元春と、豊臣秀吉政権下で五大老となった三男・小早川隆景と比べると影が薄いのは、毛利家の全盛期にはすでにこの世にはいませんでした。

その人生は偉大な父と優秀な弟たちと比較され、苦しんだ事ばかりが語られているように感じます。(記録に残っているので当然かもしれません)

しかし毛利隆元は文武に優れ、義に厚く実直な性分の持ち主で「もっと評価されるべき人物」だと思います。

派手でもなく、ツキもないけれど常に毛利家の縁の下を支えた名将です。

 

隆元の人質ライフはパラダイス

442px-ouchi_yoshitaka

大内義隆|出典 wikipedia

隆元は毛利元就の長男として生まれましたが14歳の頃、周防(山口県)の戦国大名・大内義隆のもとに人質として送られます。

このころの毛利家は2大勢力である山口の大内家と山陰の尼子家の間に挟まれた小さな豪族に過ぎず、大内・尼子の両方から常に睨まれていました。

父・元就は大内家への忠誠を示すために、当主の次に重要とされる跡取りの隆元を人質にすることで信頼を得ようとしたのです。かつて元就は大内家を裏切り、もう一つの大国・尼子家についた前科があり、そこまでしないと信用してもらえない苦しい立場でした。

この頃の山口は戦乱を逃れてきた公家や文化人を保護したことから、人が集まり「西の京都」と呼ばれるほど栄えた大都市でした。当主の大内義隆は息子を失ってから京風の文化や文学・学問にのめり込み、完全に政務を放棄していました。

隆元はかなりのイケメンのうえに聡明だったそうで、義隆から気に入られて元服の時には義隆が烏帽子親になりました。

恵まれた環境で高い教養と知識を身につけた隆元は、戦国武将としては温和すぎるほど穏やかな性分の坊っちゃんになりました。社交性も高かったようで大内家の重臣たちとも仲がよく「楽しい人質ライフ」を満喫しています。

今の時代なら頭脳明晰、イケメンで誰からも好かれる社長の息子。人も羨む最高の人生が待っていたはずです。

 

父・元就の不安

376px-mori-motonari

毛利元就|出典:wikipedia

17歳になった隆元は人大内家から人質を許されて、毛利家の本拠地・吉田郡山城に帰ってきました。

父・元就はある程度は予想はしていたとはいえ、すっかり見違えた我が子に再教育を施します。謙虚で信義に厚く生真面目、現代なら自慢の息子です。

しかし、生き抜く為に謀略や暗殺を繰り返して成り上がった元就からすると毛利家の跡継ぎとして「頼りない」「物足らない」と感じたはずです。

隆元が山口で受けた「英才教育」は大内家の忠実な家臣とするために行われたのです。裏切りを起こさないよう反骨心や狡猾さを卑怯とする「洗脳教育」だったとも言えます。元就は大内家に人質に出したことを後悔します。

ここから父・元就による「スパルタ教育」が始まります。すっかり平和ボケした隆元に「戦国の世に芸術など何の役にも立たない。謀多きは勝ち少きは負けると言うではないか。必要なのは武略・計略・謀略のみだ!」とマインドブロックを破壊する個別徹底指導を行います。

しかし義に厚い隆元はそう簡単には変わりません。人を信用し過ぎる楽天家なので、その後も周りが心配するぐらいの世間知らずぶりを発揮します。小早川家を継いだ弟、隆景からも「兄貴の考えは生ぬるい」と苦言されています。

 

「隆元」ワケありで当主になる

毛利家家紋|出典:wikipedia

毛利家家紋|出典:wikipedia

隆元が24歳のとき、父・元就が長男隆元に家督を譲り隠居します。

しかし、計算高い元就がそう簡単に実権を渡すわけがありません。まだ再教育中の隆元に本気で家督を譲る気など全くなく、隆元を当主にさせて経験を積ませながら一人前にしていくOJT(実践訓練)に方針変更したものと考えられます。

24歳なら家督を継ぐには充分な年齢ですが、最終決定権は元就が握っていました。しかも隆元には後見人兼、教育係をつけられます。

後見人となった毛利家の知恵袋・志道広良からも世間知らずぶりを注意され「信用のおける家臣でも、裏切る可能性があるのが分からないの?」と指摘を受けています。

 

隆元がネガティブすぎると言われるきっかけ

 

父・元就は戦の指示、評定での判断から家臣同士の揉め事の解決など的確な采配をしていました。それを一番近くで見ていた隆元でしたが、自分がやるとどうも上手く行かないのです。

そんな時元就に相談するとあっさりと問題が解決してしまいます。隆元はあまりの能力の違いを感じショックだったと思います。

その気持を語った手紙の内容が「隆元はネガティブ」だと言われる原因になっています。

 

弟たち(元春・隆景)は二人で仲良くして私をのけ者にする

大事なことは私に話さずに元就にだけ相談するので腹が立つ

私は才覚がないので、毛利は自分の代で終わります

隆元はこの手紙を読んだら燃やしてほしいと書いたようですが、これらの愚痴手紙が450年後に公開されるとは思ってもみなかったでしょう。誰も処分しようと思わなかったのか不思議です。

 

「隆元」覚醒する

 

隆元は自分の力不足を感じながらも、実直に父の期待に応えようと当主の仕事を続けるうちに着実に力を付けていきます。

隆元の直属に「五奉行」制度を構築して独自の政治組織を作ります。元就の老臣たちと意見が対立したという記録があるので、隆元はこの段階では自らの派閥を持つだけの実力を持っていたことになります。しかもこの時に隆元が作った法律が後の毛利家の家訓になりました。

640px-itsukushimatorii7396

厳島神社|出典:wikipedia

しばらくして山口の大内義隆が重臣の陶晴賢の謀反に遭い自害すると、父・元就は陶軍との兵力差を考え兵を挙げようとしませんでした。隆元はそれに反対しすぐに陶晴賢を打つべく出陣するべきだと徹底抗戦を主張します。

その結果、元就を始めとする慎重派を説得し厳島で陶軍に勝利しました。この時に隆元は嵐の中で元就が止めるのも聞かず一番に船に乗り込み厳島に向かったと言われています。

この厳島の戦いがなければその後の毛利家の発展がなかったのは事実で、隆元の判断が正しかったといえます。その後毛利は大内家を滅亡させ周防・長門(山口県)を併合し戦国大名として勢力を拡大していきます。

大内家を滅ぼした後、父・元就が完全に引退したいと言い出しました。これに隆元は「父と弟の協力があるのなら、なんとか当主は務まるでしょう」と言い拒絶したことから、後世に「頼りない二代目」というイメージが作られたようです。

しかし名門大内家を滅亡させても九州の大国大友家と山陰を支配している尼子家を同時に敵に回す状況です。これからが大事な時、偉大な父の隠居を引き止めるのは当然のことだと思います。

その結果、軍事・外交は元就が担当、膨らんだ領地の内政を隆元が担当する分業制で統治することで収まりました。といっても元就は山陰の尼子家、隆元は九州の大友家と対峙する危険な状況です。隆元も九州に出陣して大友家と戦うこともありました。

 

隆元の死で毛利家の結束が高まる

 

隆元は正親町天皇の即位に二千貫の銀貨を献上し正五位下大膳大夫に任じられ、足利将軍家からは安芸守護に任じられ相伴衆にもなります。

尼子家の当主尼子晴久が急死すると、隆元は幕府の仲裁を利用して大友家と和睦し尼子攻めに向かうことに。

しかしその途中で隆元は急死します。原因は食中毒とされていますが毒殺の噂もあり原因は今もはっきり分かっていません。立派な当主となった隆元の死を聞いた元就は狼狽し悲しみに暮れたと云います。41歳の早すぎる死でした。

 

隆元の死後、毛利家は財政問題が頻繁に起こるようになります。弟・元春と隆景は隆元の存在の大きさを痛感し、毛利家の為に一層尽くすようになったと言われています。

元銀行マンNari(なり)です。専業主夫になったひきこもりのナイスミドルです。「四十にして惑わず」のはずが、家族持ちで今だに人生を模索中です。戦国時代や歴史の考察がメインのブログ発信をやってます。

LINE@配信はじめました!
LINE@に登録

記事が面白かったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です